fc2ブログ

第70回 東照寺写経の会

4月18日の 「 東照寺写経の会 」
参加者 27名。

冬期間休止し、4か月ぶりです。
そして、 「 東照寺写経の会 」 が10年目を迎えました。当初はこんなに続くとは考えていませんでしたが、参加されるみなさんのおかげです。

さて、今日の法話は、まず最初に昨夜の愛媛・高知の震度6弱の地震。
元旦の能登半島地震、台湾での地震、そのほか日本各地で震度3程度の地震も頻発しています。
本堂に設置している災害募金の協力からとなりました。

また、初めての参加者が複数人いらっしゃったので、「 写経とは? 」 「なんのために書くの?」的なはなしをしました。

本来の写経は印刷技術がなかった時代には、教えを学ぶために自分のものにするには書き写すしかなかった。あるいは、信仰心を形に表す意味合いがあったり、写経の功徳力で願いを叶えたいという思いであったり・・・。

しかし、今、参加されている方々の写経は、あわただしい日常の生活から離れ、いつもの時間の流れを変えて自分を見つめ直す、そんな手段としての意味合いが多くなっているように感じます。
「 なんのために書くの? 」 に明確に答える必要はないのかもしれません。お釈迦様の教えに耳を傾けて、 「 うん 」 と頷き、「 なにかしらいい気分になるような気がする 」 と思えたら、これで十分。そうすれば、自分の周りの景色が変わって受け止められるようになります。

東照寺の写経の会は、上手に描くのが目的ではないんです! 毎日の笑顔が少しでも増えるようになれたなら、それが目的だったんだな~ とあとから考えられるようになれるんだと思います。
そうなってほしいです。
聞いてよかったという法話ができればと思っています。

2024.4.18 写経の会 茶話会
茶話会への参加者も大勢で賑やかでした。
年度初めということで、みなさん自己紹介と近況報告も。

2024.4.18 写経の会 茶話会 差し入れのお菓子たくさん
少し食べてからの写真ですが、それでもたくさん並んでます。
みなさん、お持ち帰りの袋がパンパンに!
スポンサーサイト



戦没者慰霊法要

東照寺では、昭和30年代から毎年、春彼岸中に 「 戦没者慰霊法要 」 を行っています。
今回は都合により彼岸が終わった翌日の3月24日 (日) に行いました。

今年は終戦の昭和20年から79年になります。
80代半ばを超えた方でなければ戦争を記憶にとどめていないわけです。
参列者の方々も過半数が戦後生まれです。
自分の先祖で戦死した人の関係がわからない人、あるいは、戦争で亡くなった方がいたことすら知らない子孫が出てきているのではないかと思います。
十数年前の東日本大震災ですら、記憶が薄らいでいかぬように語り部に力を入れているとも聞きます。

世界を見渡せばウクライナやイスラエルでの戦火がテレビで伝えられ、痛ましい様子を目の当たりにします。
日本の近くでは、北朝鮮のミサイル発射、中国と台湾の緊張・・・。
自分で何かできるというものではないかもしれませんが、せめて、子や孫など次の世代に80年前に戦争で亡くなった家族がいたことを伝えてほしいと願うところです。

人間は二度死ぬと言ったりしますね。
一度目は心臓が停止した時。二度目は、その人のことを語る人が居なくなった時。
戦争で亡くなられた方を伝えていくことは、その人が生き続け、戦争の悲惨さを教え続けてくれることになるのだと思います。
戦争の悲惨さを学ぶことは、人間としての成長にマイナスになることはないでしょう。

これからも、毎年、この時期に慰霊の法要をしてまいりたいと思います。

2024.3.24 戦没者慰霊法要
遺族代表の 「 追悼の言葉 」
右側の須弥壇に64名の精霊の戒名が書かれた軸を掛けてのご供養です

2023年 成道会 乳粥

お釈迦様のお悟りを開いた日は、12月8日。
東照寺では近い土日を選んで「 成道会 」 を行なっています。
今年は、一日遅れの9日 土曜日。
雪国の冬には珍しく晴天となりました。

今年は、献茶湯 ( けんちゃとう 仏様にお茶と蜜湯とお菓子を捧げる ) の際に、初めて乳粥を供えました。
米を牛乳で炊いたおかゆです。

スジャータという女性が、ニグローダという木に、よき結婚をし、男児を授かれるように祈り、その望みが叶ったお礼に乳粥を供えようと持参したところ、樹下に苦行林から出てやせ細ったお釈迦様がいらっしゃった。
樹木の神と思ったスジャータは、乳粥をお釈迦様に供えるのです。
乳粥をいただいたお釈迦様は、近くを流れているナイランジャナー川で沐浴し、心身共に回復され、菩提樹の下で坐禅を組み12月8日の朝、悟られるのです。

この伝説を受け、乳粥をお供えしました。

法要後に参加者と一緒に食べましたが、好評でした。
「 胡椒をふりかけるとおいしいよ 」 と妻のアドバイス。
試しましたが、なんとなく微妙においしくなったような・・・。

お釈迦様のお悟りに感謝しながら!
「 ごちそうさまでした 」

2023.12.09 成道会 乳粥
おいしかった “ 乳粥 ”

2023.12.09 成道会 御詠歌

2023.12.09 成道会 法話

木村スノピ個展

姪っ子の木村スノピの個展に行ってきました。
東京の渋谷の OPA gallery で!

とってもやさしさあふれる絵です。
11月22日まで。
機会があれば、足を運んでください!!

木村スノピ個展1

木村スノピ個展2

木村スノピ個展3

木村スノピ個展 妻と3人で

写経とハンドマッサージ講習

7月19日(水) “ 東照寺写経の会 ” の後に、午後から “ ハンドマッサージ講習会 ” を本堂で行いました。
講師は 中山町の 今野有希子さん ( 隠れ家サロン それいゆの家 )
手作り生活を楽しみながら、完全予約制の自宅サロンをされています。

最初はセルフマッサージ
“ 自分にお疲れ様を! ” ということで、毎日いつでも働いてくれている自分の手に 「 おつかれさま ありがとう 」 の言葉を掛けながらのセルフでのマッサージ。
 手のもみほぐしは、血行促進や体全体のリラックス効果があるということで、まずは、左の手と腕を右手でマッサージ。数分のマッサージ効果が、両腕の色の違いにハッキリと出ました。
 1時間弱のセルフマッサージには、私も含め20名程。

その後、事前申込者(6名限定)に個別ハンドマッサージ(一人10分程度)

自分の体に自分でお疲れ様と思いながらマッサージするのっていいものですね~。
自分を大切にするのは、単に体を大切にするというだけでなく、今、生きていられることに感謝することにもつながるような・・・。

2023.7.19 セルフハンドマッサージ
セルフハンドマッサージ

2023.7.19 個別ハンドマッサージ
個別ハンドマッサージ

2023.7.19 ハンドマッサージ 昼食料理
午前中の 「 写経の会 」 の後なので、昼食も準備しました。
4名の方にお手伝いいただきました。
ありがとうございます。

2023.7.19 ハンドマッサージ 昼食会 1
昼食もいろいろな情報が飛び交いますね~

2023.7.19 ハンドマッサージ 昼食会 2
おいしく食べてもらえたようです。
プロフィール

zenzen1213

Author:zenzen1213

山形県尾花沢市にある
曹洞宗寺院の住職です

東照寺ブログカウンター
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR