fc2ブログ

玉川温泉 初体験

23日から今日までの2泊3日、秋田県の北部にあります「玉川温泉」に行ってきました。

“ガン治療”ということで、全国各地から大勢いらっしゃっていました。
東北弁はあんまり聞こえませんでしたね。東北人が必ず東北弁で話すということもないでしょうが・・・。
50歳以上の方がほとんどです。

抗がん剤の副作用があるんだなとわかる方もいらっしゃいます。
杖をついて歩いている方もいらっしゃいます。
多くの方が本人あるいは連れ合いがガンでということなのかな。

     玉川温泉 H25.10 0

私も今年の1月にガンの摘出手術をしました。
妻が玉川温泉の話を聞き、どうしても行きなさいとの命令(誤解のないように。優しさからの命令ですから。)されまして一人で行ってきました。
2泊3日ですから効能は期待できないのでしょうが、どんなもんなのかということでプチ体験といった感じですね。

おいでになっている方からお話を聞いてみると、「妻が、あと3年の命と診断され、涙を流しながら玉川温泉に通い、去年まで10日の湯治を年4回してきた。おかげで、今でも夫婦で毎回来ている。」「国立がんセンターで2回手術し、余命3カ月の方が、ガンが消えた。」などなど。
効能を熱く語ってくれます。
「もちろん、全員に効果があるとは言えないけど」と、その方も言っていました。効果なく亡くなられた方は、もちろんその後おいでにならないわけで、いらっしゃっている方は効果があったということになるわけですから、「玉川温泉は効果がある!」ということになるのは当然です。

愛媛の女性の方、50代前半だろうか? ガンなんでしょうね。
直接はなかなか聞けないものですが、悩みを持ちつつ、効果を期待しつつみなさんおいでになっているのでしょう。

玉川温泉 H25.10 1  玉川温泉 H25.10 2


  浜までは 海女も蓑着る しぐれかな

江戸時代の滝瓢水(たきのひょうすい)の句です。

海女は海に入るのが仕事で、濡れるのは当たり前。でも、その海女でさえ海までは濡れないように蓑を着て行くというのです。
いい仕事をするために、今は、体をいたわることが重要であり、おろそかにしてはいけないということです。

生きとし生けるものは、必ず死を迎えます。 でも、それまでは大切な命です。
私は、自分の体を宇宙から借りたものだと考えればいいのでないかと思っています。
他人から借りたものは大切に扱わなければなりません。

借りた体は使い切るまで大切にメンテナンスをして使い切ったうえで、有り難く十分に使わせていただきましたとお返ししたいと思っています。
それまでは、海女が蓑を着るようにして使わせて頂こうと思っています。


来年、妻と二人で行ってみたいと思っています。

玉川温泉 H25.10 3  玉川温泉 H25.10 4
  紅葉が最高でした。
スポンサーサイト



プロフィール

zenzen1213

Author:zenzen1213

山形県尾花沢市にある
曹洞宗寺院の住職です

東照寺ブログカウンター
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR