fc2ブログ

卵を立てました

生卵です。
昨日の夜、なんとはなしに急に卵を立ててみたくなったんです。
10年ぐらい前でしょうか、何度か立てたことがありましたから、難しいと思ってやったわけでもないのです。

とは云え、あっさりと立つものでもなく、10数分の息をのむ集中をしながら立った姿がこの写真です。

H28.02.17 生卵

もう1個を隣に立てて、2個立ったところを写そうとやってみたのですが、残念ながら駄目でした。
立ちやすい卵とそうでない卵とあるんですね。

指先に神経を集中させるその時間が楽しく感じました。
「 なんと時間を無駄に使っているな~ 」 とあきれられそうですね。

でも、立った瞬間、ちょっと幸せになれるんですよ。


卵を立てるというと、 “ コロンブスの卵 ” ですよね。

アメリカ大陸を発見したコロンブス。
「 偶然、航海中に見つけただけじゃないか。 」 と言われた時に、コロンブスがテーブルの上にゆで卵を立てさせるわけです。
でも、誰も立てられなかった。
すると、コロンブスは、ゆで卵の尻をテーブルに強く当てて、殻を割って立てた。
それを見ていた人たちが、 「 なんだ難しいことじゃないじゃないか 」 と、馬鹿にしたように言ったんですね。
その時、コロンブスは、 「 なんでも、後から種を明かしたら簡単なんだよ。 」 と言ったという話です。
最初に行うことの難しさを例えた話ですね。


手品なんかもそうですよね。
種明かしを見ると、それまで不思議でしょうがないことが、 「 な~んだ 」 となる。

でも、その「 な~んだ 」 ということを考えるのが大変なんですよね。


第一生命が主催する、 “ サラリーマン川柳 ” の投票受付が昨日から始まっています。

毎年、楽しみに読ませてもらっています。

昨年の第28回 サラリーマン川柳 第1位は、
『 皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞 』 でした。

「 なるほどな~ 」 「 じょうずだな~ 」 と感心しますね。
どこに目を付けるかとか、17文字にどうやって語呂良くまとめるかなどがあるのでしょうが、同じ “ 皮下脂肪 ” で考えたにしても、“ 資源 ” に結びつけるという発想があるかないかで賞を取れるかどうかに分かれるんでしょうね。

これまた、コロンブスの卵かも。

今年、第29回のサラリーマン川柳の投票受付は、3月18日までです。
作品は作れなくとも、投票は可能ですから、まずは、投票。
そして、第30回に向けて頭をひねってもいいかも・・・。

卵を立てるよりは難しいです!

スポンサーサイト



プロフィール

zenzen1213

Author:zenzen1213

山形県尾花沢市にある
曹洞宗寺院の住職です

東照寺ブログカウンター
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR