fc2ブログ

花まつり ( 降誕会 )

今日は4月8日の “ 花まつり
曹洞宗では、正式には “ 釈尊降誕会 ” ( しゃくそんごうたんえ お釈迦様がお生まれになった日をお祝いする法要 ) といいます。


以前にも書きましたが、お釈迦様の記念の日として毎年三つの大きな法要を行います。
誕生された  4月 8日 降誕会(ごうたんえ)
悟りを得た 12月 8日 成道会(じょうどうえ)
入滅された  2月15日 涅槃会(ねはんえ)
この三つを “ 三仏忌 ” ( さんぶっき ) と言います。

毎年、土曜か日曜に行っているのですが、今年は4月8日が土曜日ということで正式な日程で執り行うことができました。


お釈迦様は生まれてすぐに七歩歩いて、右手は天を指さし左手は地を指さし 「 天上天下唯我独尊 」 とおっしゃられたとの言い伝えにより、誕生仏はそのような姿です。
その時に天から甘い雨が降り注いだとも言われています。
そこで、読経し、ご詠歌を奉詠中に、花御堂の中の誕生仏に参列者全員が甘茶を注ぎました。

H29.04.08 降誕会 3

H29.04.08 降誕会 2

H29.04.08 降誕会 1

一昨年の成道会の時から、お釈迦様の最後の教えであります 「 佛遺教 」 で示されている “ 八大人覚 ( はちだいにんがく ) ” という、生きていく上で重要な八つの指針について順に解説をしてきました。

これまで八つの内の六つについて話をしましたので、今日の成道会では、最後の7番目の “ 智慧 ” と8番目の “ 不戯論 ( ふけろん ) ” の話をしました。

H29.04.08 降誕会 4

智慧 ” とは、仏の知恵であり、私たちが身につけようとしがちな “ 自分が得をするための知恵 ” ではありません。
私たちの苦しみは、いろいろな欲望から生じるのがほとんどです。
その欲望は貪りの心が根底にあり、無知 ( 無明 ) が原因なのです。
その “ 無知 ” の反対にある “ 仏の知恵 ” を持つことが大切とお釈迦様はおっしゃっています。

不戯論 ” とは、戯論をするなということ。
戯論とは、無駄な話。確かめようのないことや結論の出ない話を議論することです。
そのような議論をすることにより心が乱されるだけだというのです。

お釈迦様の最後の説法であります “ 八大人覚 ” の教えは、出家者として肝に銘じる内容でありますが、もちろん、在家信者の方々にも、是非、お読みいただきたい、ご理解いただきたい内容だと思い、三仏忌の法要の際に、足かけ3年で説明をさせていただきました。おわかりいただけたのではないかと思っています。


しかし、今回の7番目の “ 智慧 ” のところに
聞思修 ( もんししゅ ) の慧 ( え ) を以って、而 ( しか ) も自ら増益 ( ぞうやく ) すべし ” とあります。

聞思修の
“ 聞 ” とは、聞法。 仏法の教えを聞き。
“ 思 ” とは、思惟。 教えを思い意識し。
“ 修 ” とは、実践。 繰り返し行っていく。 ということで、
その智慧によって自分自身で智慧の利益を増やしていくべきというのです。
肝心なのは、正しい教えを聞くだけでなく、わかっただけでなく、毎日の生活で繰り返し実践していくことが大切であるということです。

頭でわかっただけでは駄目。
お釈迦様の示しいただいた八大人覚を実践して行きましょう。
もちろん、私自身もです

スポンサーサイト



プロフィール

zenzen1213

Author:zenzen1213

山形県尾花沢市にある
曹洞宗寺院の住職です

東照寺ブログカウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR