fc2ブログ

悲しいお知らせ

ご報告です。
愛娘の愛犬沙弥が18日に亡くなりました。
今月10日、満11歳を元気に迎えたのですが、12日にフィラリアと9種混合の予防接種を同時におこなった翌日から体調を悪くし、15日から入院していた病院内で息を引き取りました。

沙弥

とってもとってもお利口さんの沙弥ちゃんでした。
吠えることもほとんどなく、今年に入って 「 わん 」 と言ったのは1回だけだったような・・・。
お客さんには、いつもしっぽを振って熱烈歓迎でお出迎え。
ですから、みんなから好かれた、もじどおり “ 東照寺の看板犬 ” でした。 ( もちろん犬嫌いの方は、駄目だったでしょうが・・・ )
先日も、檀家の20歳くらいの女の子から 「 沙弥ちゃんは元気ですか。学校の帰りによくなでたりしたんです。 」 と。
その時、ちょうど具合が悪い状態で会わせることができなかったのが残念でした。


20日に副住職と妻と三人で本堂で葬儀を行い、荼毘に付しました。
子供を亡くしたような気持ちです。
年齢的にあと数年しか一緒にいられないだろうとは思っていましたが、突然のことで虚脱感というかなんというか・・・。
ため息ばかりでした。

医師の指示とはいいながら、元気そのものだった沙弥に、予防接種という人的な行為で苦しませ、命を奪ってしまったという罪悪感も伴ったためなのかもしれません。


昨日が初七日忌。
副住職は仕事で不在のため、妻と二人で本堂で読経・焼香し回向しました。

散歩の時間やご飯の時間になると、 「 いつもだったら・・・ 」 と思い出しますね。

お釈迦様の教えに
“ 過去を追うな。未来を願うな。過去はすでに過ぎ去った。未来はまだやってこない。 ”
だから、今をしっかり生きなさいとあります。

もちろん、悲しんでばかりいては駄目ですが、過去という時間の中で、沙弥がいたからこそたくさんのかけがえのない多くのものをいただきました。
その思い出を持ち続けていくことは、決して “ 過去を追う ” ということではないのだと思います。

寝室にある位牌・遺骨・遺影に向かって、かわいかった沙弥ちゃんを思い出し、これからも 「 沙弥ちゃ~ん 」 と話しかけていきたいと思っています!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

沙弥ちゃん

沙弥ちゃんとの突然のお別れ、つつしんでお悔やみ申し上げます。写経の会の帰り際、珍しく外にいる沙弥ちゃんに、「またね!」と声をかけました。アジサイの中の沙弥ちゃん、色んな表情をする沙弥ちゃんの姿が浮かびました。深い悲しみと存じますが、どうぞ皆様、御身大切にお過ごし下さいます様念じております。 Renge 九拝

Re: 沙弥ちゃん

Renge さんへ
メッセージありがとうございます。やっと沙弥のことを書けるようになったという感じです。
沙弥がいてくれたことで、たくさんの思い出を持つことができたよろこびを感じたいと思っています。 住職
プロフィール

zenzen1213

Author:zenzen1213

山形県尾花沢市にある
曹洞宗寺院の住職です

東照寺ブログカウンター
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR