fc2ブログ

トルコ・シリア地震への救援金送金

2023年2月6日に発生した 「 トルコとシリアとの国境付近の地震 」 の被災者支援として、25,581円を 「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 」 に送金しました。
東日本大震災の後に本堂内に設置しています 『 国内外で発生する大規模災害に対しての義援金 募金箱 』 にいただいた 15,581円に、住職の10,000円を加え、25,581円を、先日、送金しましたのでご報告いたします。

募金箱設置以来、 “ 東日本大震災 ” と “ 熊本大震災 ” そして、今回が3回目の送金となります。
ご寄付いただきました方々、ありがとうございました。

2023.2.18 トルコ地震への募金 1
右の募金箱に、左の金銭をいただいていました。
2023.2.18 トルコ地震への募金 2

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 ( SVA ) は、国際開発NGO に分類されており、 「 曹洞宗東南アジア難民救済会議 ( JSRC ) 」 が前身となっています。
曹洞宗と深いかかわりがあり、このたびの地震への募金の受け入れを開始したことから、こちらに送金しました。
少しでもお役に立てればと願うところです。

2023.2.18 トルコ地震への募金 3

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

公金チューチュービジネス

 NPO法人理事が、無免許で生活保護受給者に住宅を仲介していた事件で、同法人の斡旋で大阪市内の賃貸住宅に入居した受給者の一人が、家賃などの名目で、同法人に月約8万円を支払うよう要求されていたことがわかった。浪速署は同法人が保護費の一部をピンハネしていた疑いがあるとみている。同署は19日、同法人「ヒューマンサポート大阪」理事・橋本孝司(63)、元「ピタットハウス天満店」経営の不動産会社社長・山手賢二(39)両容疑者を宅建業法違反容疑で送検した。
 市関係者によると、受給者は昨年4月、同法人関係者に伴われて区役所を訪れ、保護を申請。家賃4万2000円を含む月約12万円の支給が認められた。入居時の契約では、家賃は家主の口座に振り込むことになっており、受給者が同法人の関係者に口座番号を尋ねたところ、「家賃は我々に渡して」と言われ、同5月、約8万円を請求された。
 受給者が「生活できない」と支払いを拒むと、同法人関係者らが受給者方を訪れ、ドアをたたきながら「支払わなければ、保護を打ち切るよう市に言うぞ」などと詰め寄った。深夜2時や3時にやって来ることもあり、受給者は同6月、区役所に相談した。
プロフィール

zenzen1213

Author:zenzen1213

山形県尾花沢市にある
曹洞宗寺院の住職です

東照寺ブログカウンター
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR